MGK International

MGK Internationalは2012年に設立された、MGK Global Limitedによって運営されている海外FXブランドです。マレーシア連邦直轄領の一つであるラブアンに本社を置いています。ただしここは、タックスヘイブンとして知られていることもあって、ペーパーカンパニーであると予想され、本拠地は別途マレーシア国内にあると言われています。一昔前まではMGK Globalと名乗っていましたが(ドメインは今でもその名残があります)、3年ほど前に改名して現在に至ります。公式サイトの日本語は問題ないですが、内容が薄く必要な情報は最低限しか発していません。そのため、わざわざMGK Internationalで口座開設をする意味があるのか問われると正直疑問です。

ここでは、そんな海外FX業者MGK Internationalについて詳しく見ていきたいと思います。

MGK Internationalの会社概要

まずはMGK Internationalの会社情報について簡単に見ていきます。

MGK International を運営しているMGK Global Limitedですが、「MGK International Head Office」がラブアンの住所に存在しています。ただし実態は、「MGK International Marketing Office」の方であるようで、こちらの住所は「26th Floor, Menara Maxis Kuala Lumpur City Centre 50088 Kuala Lumpur Malaysia」とクアラルンプールにあります。

公式サイトに書かれている情報は基本的なものとなっており、あまり深くまで掘り下げた情報は掲載されていません。そのため、他社と比べても情報不足は否めない点と、あえてこのMGK Internationalで口座開設をする意味が見いだせないという、特徴があまりない海外FXであるため、口座開設は慎重に考えるのがよさそうです。

運営会社 MGK Global Limited
所在地 ヘッドオフィス:
Block A, Lot 5, 2nd Floor,Lazenda Phase 3 Shophouse,Off Jalan Okk Abdullah,87025 W.P. Labuan
マーケティングオフィス:
26th Floor, Menara Maxis Kuala Lumpur City Centre 50088 Kuala Lumpur Malaysia
設立 2012年
最大レバレッジ 777倍
取扱銘柄
  • FX(為替)
  • 貴金属
  • エネルギー
  • 株価指数

MGK Internationalの金融ライセンス

MGK Internationalは、金融ライセンスはラブアンFSA(参照番号 MB/12/0003、会社登録番号 LL08755)のものを取得しています。ラブアンの金融ライセンスはグレードが低く信頼性は高くありません。金融ライセンスを所有していない海外FXブローカーよりはまし、といったぐらいに考えておきましょう。

MGK Internationalの口座種類

MGK Internationalには、ノーマル口座とPRO口座があります。ノーマル口座はその名のとおり、一般的な裁量取引やEAに適した口座です。プロ口座は、中上級者向けの口座となっており、低スプレッドでの取引を可能としています。プラットフォームはMT4しか使用できませんが、WindowsやMac、iOS、Androidと幅広くトレードを行うことができます。

なおロスカット水準は50%とやや高めとなっています。一般的な海外FXでは、20から30%がスタンダードなので、少々高い印象となっています。他に特筆すべき点があるとすると、高い約定力(注文速度平均0.004秒)といったところがあります。しかし最近は、どこの海外FXブローカーも、約定力が高くなっており、その他の魅力と総合的に判断しても、普通かそれ以下である点は否めません。

その他、SocialTradeというサービスを提供している同社。これはコピートレード(ミラートレード)のことです。これにより、面倒くさい作業を行うことなく、自分で選んだ(フォローした)トレーダーのトレードで利益を稼ぐ仕組みとなっています。ソーシャルトレード専用口座があり、こちらでトレード可能です。

ノーマル口座 PRO口座
取引形態 STP STP
最大レバレッジ 777倍 777倍
取扱銘柄 外国為替
貴金属
エネルギー
株価指数
外国為替
貴金属
エネルギー
株価指数
取引手数料 無料 片道5ドル
スプレッド 1.3pips~ 0.5pips
1ロット 10万通貨 10万通貨
最小取引数量 0.01Lot 0.01Lot
最大取引数量 30Lot 30Lot
ストップレベル 1point 1point
スキャルピング OK OK
自動売買 OK OK
両建て OK OK
マージンコール 100% 100%
ロスカット 50% 50%
ゼロカット あり あり
取引ツール MT4 MT4
口座通貨 JPY
USD
JPY
USD
最低入金額 100円~ 30万円~

MGK Internationalのレバレッジ

MGK Internationalのレバレッジは777倍となっています。昨今の海外FX業者は1,000倍を超えるようなレバレッジが提供されているため、777倍は実際のところそれほど魅力を感じるほどのものではありません。しかし、1,000倍を超えたからといって必ずしもハイレバトレードを行うわけではないないので、十分なレバレッジと言えます。

MGK Internationalでは、口座残高に対するレバレッジ制限がかけられているので、残高が規定以上になるとレバレッジの倍率は減少します。1,000万円以上の口座残高がある場合にはレバレッジが100倍しかかけられませんので注意が必要です。

口座残高 レバレッジ
200万円以下 777倍
201万円~1000万円 200倍
1001万円以上 100倍

MGK Internationalのスプレッド

MGK Internationalの平均スプレッドについては、現在公式サイト上には表示されておらず実際の口座にログインしないと見ることができないようです。

MGK Internationalの取扱商品

MGK Internationalでは、外国為替、貴金属、エネルギー株価指数といった取り扱いがあります。

通貨ペアに関しては以下の通りとなっています。全般的に通貨ペアが少ないですが、現在公式サイト上には表示されておらず実際の口座にログインしないと見ることができません。

AUD/JPY CAD/JPY CHF/JPY EUR/JPY GBP/JPY
NZD/JPY USD/JPY AUD/CAD AUD/CHF AUD/NZD
AUD/USD CAD/CHF EUR/AUD EUR/CAD EUR/CHF
EUR/GBP USD/CHF EUR/NZD USD/ZAR EUR/USD
GBP/AUD GBP/CAD GBP/CHF GBP/NZD GBP/USD
NZD/CAD NZD/CHF NZD/USD USD/CAD

金属・エネルギー・株価指数

XAG/USD XAU/USD
USCrude UKBrent
JP225 US30

MGK Internationalのメリット・デメリット

MGK Internationalのメリット・デメリットは以下の通りです。正直なところ、MGK Internationalはメリットよりデメリットが多い海外FXブローカーのため、どうしても口座開設したいという強い希望がない限りはほとんどメリットがない点に注意です。

メリット
・最大レバレッジ777倍(現在は1,000倍が主流)
・ボーナスが不定期だが存在
デメリット
・金融ライセンスがマイナーなラブアン
・出回っている情報が少ない
・公式サイト上の情報も非常に限られている
・MT5が利用できない
・通貨ペアが少ない

MGK Internationalのボーナス

MGK Internationalのボーナスですが、新規口座開設に対して、20,000円の口座開設ボーナスが開催されています。これは頻繁に行われていますが、常時開催されている訳ではありません。口座開設後、ボーナス申請を行うことでボーナスを取得できます。これにより資金がゼロであってもトレードを実行することが可能。ボーナス出金条件を満たせば出金も可能です。

キャンペーンの注意事項
  • 新規口座開設ボーナスの申請は一人一口座までとなります
  • キャンペーン期間中に新規口座開設した方が対象となります
  • 新規口座開設後、クライアントページにログインし、ボーナス申請します
  • ボーナス出金条件を満たしていない場合、出金申請すると口座開設ボーナスは全て消失します
  • ボーナス出金条件を満たしていない場合、資金移動をすると口座開設ボーナスは全て消失します
  • ボーナス出金条件を満たしていない場合、ボーナス分の出金および資金移動はできません
  • 新規入金のみが対象となり、資金移動での入金はボーナス獲得条件の対象外となります
  • 付与されたボーナスは有効証拠金に加算、証拠金維持率に考慮されます
ボーナス出金条件
  • キャンペーン期間中に新規口座開設し、クライアントページよりボーナス申請が完了している
  • 10万円以上の新規入金がされている
  • 30日間に10lot以上の取引がされている
〇〇 の関連記事こちらの記事も人気です。