海外FXの失敗例から学ぶ

海外FXで大きな損失を出さないためにはどうしたらいいのでしょうか?それにはトレードをしないのが一番です(笑)。しかしそれではFX口座開設の意味はないですよね。海外FXで利益を出すためには、誰かの失敗例から学ぶというのがよいかもしれません。ネットを検索すると、現在億を稼ぐトレーダーでも過去には数々の失敗をしていた事実をあますことなく掲載しているものを見かけます。

どこまで本当か?という信ぴょう性に疑念はありますが、いくつか共通で上がっているような失敗例は誰もが通る道だと思えば、そうならないようにどうしようか考えられるはずです。

この記事では、海外FXでよく耳にする失敗例についてとりまとめて紹介していきます。海外FXで失敗しないためにどうしたらいいかを考える指標として、参考にしてみてください。

ハイレバトレードを行ってしまった

元手となる資金以上の取引可能にするレバレッジトレードは海外FXをする上で大きなポイントとなります。レバレッジをかけることで、少ない自己資金でも大きな利益を狙えるからです。しかしながら、レバレッジを高くすればするほど、少しの値動きで大きな損失が発生する可能性が高くなります。ハイレバレッジトレードで大きな損失を出してしまうえば、ロスカットされて一発で市場から退場させられてしまいます。もちろん、海外FXには追証なしのロスカットシステムがあるため、自己資金はゼロになってもマイナスになることはありませんが、それでもその損失によるメンタルの下落は計り知れなません。

ですから、FX初心者は低レバレッジで取引に慣れることが大切です。それには余裕ある口座資金でトレードを行いましょう。低レバレッジだと得られる利益も少なくなりますが、失敗するよりはまだましです。

損切りをしなかった

損失が出た場合に、その損失を小さいうちに確定させてしまうことを「損切り」と言います。この損切ができないFX初心者も非常に多いです。海外FX初心者は損失を確定させることに抵抗を感じやすいです。なぜなら損失確定はある意味で「負け」を認めるからです。その結果、含み損が利益に転じるまでもポジションを持ち続けようとします。しかし、含み損を抱えたまま持ち続ければ、さらなる損失拡大につながる可能性も増えます。

FXでは、プロのトレーダーでも損失は必ず出してしまいます。しかし短期的な勝ち負けでなく長期的に勝てればOKと考えるのがプロの技です。損失を受け入れ、損切りを行って最小限にマイナスを抑えることが勝つためには必要なのです。FXで利益を出すためには、素早い損切りができることが必須となります。損切りは、投資活動において安定利益を出すのには避けることができませんので、損切りをできる人間になることが失敗しない人になる近道です。

損切りを確実に行うためには、事前に損切りを設定できる「ストップ注文(逆指値注文)」をするのがよいでしょう。ストップ注文は、レートが今より○○円下がったら約定する、といった具合に設定することができます。含み損が発生し、自分で注文を出すのではうまく損切りができない方は、ぜひ活用してください。しかしながら、ストップ注文を発注していても、スリッページが発生して大きな損失がでてしまう場合もあるので、注意は必要です。

プロ投資家の言ったとおりにトレードして失敗した

プロ投資家はいつもレードに勝ってイメージを持つ人も多いかもしれませんが、プロ投資家でも神ではないので、正確に相場予測できないケースが大半です。よくテレビや雑誌などに相場予想をしている専門家気取りのコメンテーターがいますが、彼らだってもしトレードに失敗しても責任を取ってくれるわけではありません。どれだけ情報を信じてトレードしても、損失を出してしまう恐れはあります。プロ投資家のトレードを真似てみても、同じような利益が得られるわけではありません。また、言われた通りのトレードを行ったとしても、トレードのスキルはアップしません。あくまでプロ投資家の意見は参考程度に留めておき、自身のトレードスタイルを確立しましょう。

勘や運任せで取引を行う

FXでは、勘や運に任せたトレードで利益を出し続けることは宝くじに当たるようなもの。稀に利益を出せることがあったとしても、その後の再現性が低く継続することはできないでしょう。継続的に利益を出すためには、勘や運任せのトレードではなく為替相場を予測するスキルが必要です。

プロ投資家でも100%為替相場を予測することはできません。しかし投資テクニックのテクニカル分析やファンダメンタルズ分析を使えば予測精度を上げることは可能です。たとえば、テクニカル分析は、過去の値動きを分析して将来の値動きを予測する分析手法です。このファンダメンタルズ分析は、世界情勢などから値動きを予測する分析となりますので、まずテクニカル分析をマスターするのが良いでしょう。一方ファンダメンタルズ分析は、各国の政治経済に関する知識が必要となります。そのため海外FX初心者の方には少しハードルが高いかもしれません。まずはテクニカル分析からスタートし、海外FXに慣れてきたらファンダメンタルズ分析に取り掛かりましょう。

いろんな通貨に目移りして多くの通貨ペアに手を出してしまう

海外FXでは数多くの通貨ペアで取引することができます。その数は数10~100を超える業者があるほどでかなり存在します。最初はなんとなくいろんな通貨ペアのトレードをしたくなるかもしれませんが、海外FX初心者にとってはハかなりードルが高いマイナーな通貨ペアもあります。それに同時にいくつもの通貨ペアトレードを行えば、ポジションの管理が難しくなり失敗につながります。最初は海外FX初心者に取引しやすい通貨ペアに絞り取引するのが無難です。

ではそれがどの通貨なのか?というと、おすすめ通貨ペアはやはりなじみの深い米ドル/円ではないでしょうか。米ドル/円は日本人にとって非常に親しみやすく、出回っている情報もたくさんあって入手しやすいメリットがあります。また取引量も多く値動きもあまりないので、急な為替変動リスクも少なく済みます。よって米ドル/円からトレードをスタートし、海外FXに慣れてきたら他の通貨ペアでトレードしていくのがよいでしょう。

マイルールを決めずに感情的にトレードを行う

海外FXでは、事前に自分なりのルールを決めずに感情に任せたトレードを行ってしまいがちです。FXトレードで長く安定的に利益を出すためには、ルールに従ってトレードを行っていく必要があります。何らかのルールを決めることなくトレードをスタートすれば、都度感情に左右された場当たり的なトレードに成りがちです。その結果継続的に利益を出すのは難しいでしょう。

生活資金でFXを行わない

海外FXは投資ですが、ある側面ではギャンブルのように見える場合があります。なくなったら生活に支障があるような自己資金を使って海外FXを行うなんていうのはもってのほかです。そのようなトレードを行えば、感情が深く入り込んでしまって失敗する危険性は高くなってしまいます。FXトレードでは、感情をできるだけ排除し、自身のマイルールに従って機械的なトレードを行うことが重要です。しかし生活資金も入れてまでトレードしてしまうと、資金を失いたくないといった感情だけが先行し、トレードルールが崩壊してしまいます。このような失敗をしないためには、FXを行う場合には、生活費とは別の余剰資金を使って行いましょう。なくなるってしまうと生活が立ち行かなくなるような資金でトレードすることは危険すぎて絶対におすすめできません。

ナンピンや両建てトレードを行ってしまった

ナンピン…逆行した時にさらに追加でポジションを保有して反転を待つ手法
両建て…基本的に同一銘柄の買いと売りのポジションを同ロット保有する手法

ナンピンや両建ては、海外FXの初心者にはリスクが高くおすすめできません。
ナンピンとは、エントリーと逆方向に値動きしたら、追加で何度も注文を行う方法です。たとえば買いでエントリーしたのち、1円下落するごとに買いポジションの追加注文を行います。ナンピンした後、価格が反転すれば利益を得られます。しかしたまに、そのまま下落(あるいは上昇)し続けるケースもあって、その場合にはロスカットが執行されてしまうことがあります。

また、両建てトレードも海外FX初心者には向かないトレード手法です。理由としては、ロスカットを避けるために、同一銘柄のポジションを両方持っていても、利益を確定させるためには、どこかで両建てを解除しなければならないからです。海外FX初心者がこのような手法をわざわざする必要はなく、想定と違う値動きをしたらすぐに損切りを行うようにしましょう。

スワップトレードを行い強制ロスカットされた

FXトレードでは、毎日ポジションを保有しているだけでもらえるスワップを狙ったトレード手法があります。このスワップトレードですが、単純にポジションを持っているだけで利益が増えるため、海外FXの初心者でも簡単に利益を得ることができます。しかし、スワップポイントを多くもらえる通貨の国は、南アフリカやトルコなど、経済や情勢が不安定な国たちです。そのため何かよくないニュースが報道されれば、価格が大きく変動します。そうなれば強制的にロスカットとなり、大きな損失を被ってしまうようなリスクもあり、獲得したスワップポイントも失ってしまいます。
どうしてもスワップポイントを目指したトレードを行いたい場合には、小ロットでトレードをスタートさせましょう。

〇〇 の関連記事こちらの記事も人気です。